秋谷海岸吉村順三

吉村順三 湘南の家

秋谷の白い砂浜と青い海、海岸にそって並ぶレジデンス。どこか異国情緒がある風景です。 その奥には、建築家吉村順三が手掛けた湘南の家が見えます。 平屋とは言え、他の建物と比較してもその建物の低さが顕著に感じられます。 横 […]
軽井沢脇田山荘

軽井沢脇田山荘 吉村順三

軽井沢脇田美術館の中にある、脇田山荘です。設計は吉村順三。 コンクリートのピロティーの上に木造の平屋が載る構造で、脇田画伯のアトリエと、生活空間からなります。 L字に曲がった平面で、自然豊かな庭を囲い込むような配置。す […]
軽井沢ハーモニーハウス

軽井沢エロイーズカフェ 旧ハーモニーハウス(4) 暖炉の置かれた音楽ホール

建築家吉村順三が設計した多くの建物には火を見て楽しむ暖炉が据えられています。火のぬくもり、原始時代からの人のDNAに訴えてくる何かをとても大切にしていたんですね。ここエロイーズカフェ(旧ハーモニーハウス)の音楽ホールにも […]
スロープ

軽井沢エロイーズカフェ 旧ハーモニーハウス(3) 緩やかなスロープが空間にリズムを与える

スロープのある建築で頭に浮かび、体感した経験があるのは、ル・コルビジェが設計した住宅のラ・ロッシュ邸や、サヴォア邸。エントランスホールから2階の展示空間に登っていくストックホルム美術館、そして日本ではレーモンドの夏の家 […]
軽井沢ハーモニーハウス

軽井沢エロイーズカフェ 旧ハーモニーハウス(2) 吉村順三の世界

さて、スロープを登って、こちらの玄関から中に入ります。 入って目の前が大きく開かれ、そこには音楽ホールが出現。 木の色が目に優しい。奥の方は、ステージで、一段床があがっており、その向こうには大きな開口部。 左にはスロー […]
ハーモニーハウス

軽井沢 エロイーズカフェ 旧ハーモニーハウス 自然に溶け込む外観

  軽井沢にあるエロイーズ・カフェ。 戦前両親が宣教師だったこともあり、軽井沢で生活していたアメリカの音楽愛好家エロイーズ・カニングハム女史が、戦後日本に戻り、日本の子供たちに良質な音楽に親しんでもらいたいと設 […]

国際文化会館 残された巨匠達の建築

六本木にある国際文化会館。訪問するのは2回目。 本館の設計は、吉村順三、前川國男、坂倉準三の共同設計で、1955年の竣工。 その後、建て替え計画があり、何とか保存、増築する方向で今の形があります。 水平ラインを強調した宿 […]

間接光で光る床の間 中山邸

和室は最近の設計でも減っていますが、客間や泊まりの親族の為や、子供の遊び場など自由に使える空間としての価値はまだまだ健在です。中山邸では仏壇スペース、客間として使われたのでしょう。和室には床の間。その床の間には横から光 […]

光を採り入れる格子 優しい間接光 宮脇檀中山邸

窓や格子のアイデアはまだまだあります。いろいろな光の採り入れ形、開口部の工夫が見られる中山邸。 まずは、格子からの光を採り入れた書庫 リビング側から見える中庭を介しての格子。この格子の向こうにはなんと書庫の棚になって […]

 風を通す開口部の工夫 宮脇檀 中山邸

宮脇さんの書いた本には、住宅において必ず風を通すことが大切とあります。その通り。でもプランによっては、どうやって風を入れるのか、迷ってしまう事もたびたび。大きなガラスサッシを使いたいし、引違いは使いたくない。開きのサ […]

宮脇檀設計の中山邸を見る。玄関から覗く中庭

近代建築の良さは公共建築では少しずつ認められて、保存の動きもようやく見られるようになりましたが、住宅に関しては保存は極めて難しい。区や市などに寄贈して見てもらうというような余裕がある場合は別にして、個人所有となると、世代 […]

かんのぼっくす 段差が生む立体住宅

宮脇檀氏が設計したかんのぼっくすは26坪ほどの小さな住宅ですが内部空間の豊かさは、その狭さを全く感じさせません。玄関を入るとトンネルのようになっている階段を通り、リビング・ダイニング・ベッドルームが立体的につ […]