象設計集団

象設計集団 成城樋口邸 パワーあふれる建築

成城の街を歩いていて、最後に見た建築がこれ。 それまで見た建築の印象がぶっ飛ぶようなコンクリートの塊の建築。 これぞ建築ジャン!と久しぶりに感動をもたらす建築を見ました。 崖の中腹に斜面を背にして建つ、コンクリートの塊。 […]
吉阪隆正

吉阪隆正 「好きなことはやらずにいられない」

吉阪隆正のアテネ・フランセを見て、もう一度吉阪さん会話を集めた本「好きなことはやらずにいられない」を読みました。 「ものをつくるとはそのものに生命を移すことだ」等、心に響く言葉も沢山あります。 もう一度建築と向き合う気持 […]
アテネ・フランセ

アテネ・フランセ(4) スチールと木の階段手すり

吉阪隆正設計の階段手すり。 スチールの手すり子に太い木の手すりが付きます。 軽快感ではなく、重厚感。 階段と言えば、手すりのデザインでその設計者が何となく見えてきますが、 このちょっと大胆で骨太な感じは、吉阪隆正を表して […]
アテネ・フランセ

アテネ・フランセ(3) 吉阪隆正の設計する非対称な建築

吉阪隆正の設計する建物はだいたいが非対称。 それは徹底していて、この教室もそうなんです。 黒板は、皆が見えるように、そして意識が集まるように、緩やかに曲線を描いています。 天井もヴォールト天井のような不思議な包み込むよう […]
アテネ・フランセ

アテネ・フランセ(2) 3期にわたる増築工事には見えないまとまりある建築

吉阪隆正の設計したアテネ・フランセは、当初は3階建て。そのあとちょっと信じられませんが、地下2階を増築しています。 さらに、4階を上に増築。その際に紫色の塔も造りました。 外部からは全く増築がわかりませんし、内部もその痕 […]
アテネ・フランセ

アテネ・フランセ 吉阪隆正の建築

ル・コルビジェの元で所員として働いた日本人は3人。前川國男、坂倉準三、そして吉阪隆正。 吉阪隆正は、登山家でもあり世界をまたに、多くの山々、集落を歩き、そこから得たバナキュラーな考えを建築に生かした建築家でもありました。 […]
象設計集団

桜新町 桜色のマンション 象設計集団

桜新町は、漫画「さざえさん」の町として有名です。「さざえさん」の漫画家町田美術館もあり、桜新町にはこんな像もお迎えしています。 その像のある道をしばらく歩きますと、いろいろな建物に出会えます。 この桜色のマンションがその […]

今帰仁村中央公民館(2) 風が抜ける会議室 風土に根差した建築

沖縄の風土に根差した建築。象設計集団が設計した今帰仁村中央公民館です。 大きな屋根の下には、いくつかの会議室、和室等室内諸室がありますが、その間にも半外部の会議室があり、 そこも有効に使われています。 こちらが、半外部空 […]

沢山の柱が並ぶ大きな屋根をもつ建築 今帰仁村中央公民館

沖縄本島の名護市から車で30分ほど北に進んだところに今帰仁村があり、そこの公民館を訪ねました。 設計は象設計集団。 真ん中の広い芝生の庭を囲むように赤い柱が沢山並び、大きなコンクリートの有機的な形態の屋根がその上に載りま […]

名護市庁舎(2) アサギが散りばめられた風が抜ける市庁舎

こちらは、市街地、駐車場側から見た外観。こちら側も海側ファサードと同じように外部階段が外観上のアクセントになっています。 壁面に沿いながら、外部階段で一気に屋上まで登れます。 最上部から見た名護市庁舎。 名護市庁舎には沖 […]

沖縄の風土に溶け込んだ名護市庁舎 シーサーが守る建築

沖縄の名護市の市庁舎。公開コンペで1等をとったのは、象設計集団とアトリエ・モビル。その市庁舎の建物は、ここ沖縄の風土や 街並み、歴史を踏まえた優れた建築です。 設計コンセプトは、沖縄の街や風土に溶け込み庁舎と街が連続する […]

宮代町立笠間小学校 風が抜け、視線が通る有機的な小学校

宮代町には象設計集団が設計したもう一つの名建築、宮代町立笠間小学校があります。東武動物公園のすぐ近く。門の前から見ても、その建築がただならぬ代物であると解ります。まず、視線が抜ける吹抜けや通路が見えます。そお抜けた先には […]