松濤美術館

白井晟一入門(7) 松濤美術館 有機的な螺旋階段

松濤美術館には、2つのらせん階段があります。 一つは、通常の開館時にゲストが使うもの。これは、美術館にいけば、いつでも利用できます。 もう一つは、内部の関係者が使う事務用の階段。 この2つのらせん階段は、共に有機的な形 […]
松濤美術館

白井晟一入門 松濤美術館(6)40年ぶりに開放された和室

松濤美術館には、茶室がありました。 今まで使われたいなかった茶室。 事務所の控室として利用されていました。 今回の白井晟一入門という展示会で、40年ぶりに見せてくれました。 入口は一か所 上りがあり、茶道具が並ぶ水屋が正 […]
松濤美術館

渋谷松濤美術館 白井晟一入門(5) サロンミューゼ・特別陳列室のある2階展示室

さて、地下の吹き抜けの第一展示室と同じ床面積の2階の展示室です。 展示室というには、地下のものとは全く異なる趣。 ここは、黒い皮のソファーや、白井晟一デザインの椅子、スタンドが置かれたサロンというにふさわしい空間になって […]
松濤美術館

白井晟一 松濤美術館(4)2層吹抜けの地下1階展示室

今の松濤美術館のビジターの動線は、エントランスから入り、まず左側のロビーに出ます。 ここで、クロークに荷物を入れて、地下の展示室へとらせん階段を下りていきます。 1階のロビーは比較的ゆとりのあるホールになっていて、ここ […]
松濤美術館

白井晟一 松濤美術館(3) 狭い敷地に建つ建物の真ん中をくりぬく。

松濤美術館は、狭い敷地の上、建築条件が厳しく、高さも抑えないといけなかったので、 面積を取るために地下2階、地上2階の構成になっています。 その中で、この建物の肝と言って良いのが、地下2階まで掘られた楕円形の中庭空間。 […]
白井晟一入門

白井晟一松濤美術館(2) 玄関からブリッジを渡り、吹抜けの展示室へ至る動線

白井晟一設計の松濤美術館が、建築そのものを美術品として開放する「白井晟一入門」 当初から考えられていた、玄関から展示ホールへと向かう一直線の動線が面白いです。 正面エントランス 玄関 玄関の天井は、光を通す石オニキスをカ […]
松濤美術館

白井晟一入門 渋谷区松濤美術館で開催中の、建物そのものを感じる展示会

明けましておめでとうございます。今年も自分の設計過程や、建築探訪で感じたことなどを書きとどめていきたいと思います。 こうして記録に日記のごとく書いておきますと、後々振り返ることもできるしとても役に立つのです。 さて、この […]