洋々閣

唐津 洋々閣(3) 歴史を感じる廊下 次々と場が展開する飽きない廊下

フロントがある玄関ホールです。 このあたりは全面的に柿沼守利さんの設計で改修がなされています。 視線が気持ちよく、廊下そして中庭へと続いていきます。 フロントの受付カウンターのカウンタートップは皮貼り さりげないところに […]
洋々閣

唐津 洋々閣(2) かつて人力車が入った石畳の玄関ホール

外から3枚の木引き戸を開けて中に入ると、この石畳みの玄関ホールが迎えてくれます。 目の前に現れるホールに感嘆。 天井は高く、床は御影石の土間。靴のまま進むと、上がり框があります。 正面は、2段目の境界となるガラススリット […]
洋々閣

唐津 洋々閣 建築家柿沼守利氏改修の老舗旅館

佐賀県唐津にある老舗旅館「洋々閣」 明治26年の創業だそうです。その時旅館にしたということですから、建物自体はそれよりも古い。 その老舗旅館を生かしながら改修したのが建築家柿沼守利氏。柿沼さんは白井晟一の弟子ですから白井 […]
チャイナオンザパーク忠次館

佐賀県有田町 チャイナオンザパーク 忠次館(2) 人の手の痕跡が残る見事なレンガタイル

チャイナオンザパーク忠次館は、建築家柿沼守利さんの設計。 内部は、撮影NGなので掲示しませんが、とにかく素晴らしい空間でした。 1階は展示室そして2階が喫茶室、3階は、展示コーナーという構成なのですが、建物の半分が吹き抜 […]
チャイナオンザパーク忠次館

佐賀県有田町 チャイナオンザパーク 忠次館 レンガの建物が訪問者を迎えます。

深川製磁のチャイナオンザパーク敷地の一番奥の小高い丘の上に、深川製磁の多くの作品が展示、販売されている忠次館があります。 忠次館までは、階段を上っていきます。 左右対称形をした外観には、韓国で焼かれたレンガが張られていま […]
チャイナオンザパーク

佐賀県有田町 チャイナオンザパーク(2) 2階に応接室がある重厚な木造建築

重厚な木造建築のトイレ棟 この外壁の構成 腰までが、不揃いな手焼きのレンガタイル。そしてその上の壁は土の塗り壁、貫と束のバランスが美しい。 手前の丸柱とその柱を受ける基礎が素晴らしいデザインです。 柱は、基礎のコンクリー […]
チャイナオンザパーク

佐賀県有田町 チャイナオンザパーク(1)重厚感があるトイレ棟

佐賀有田にある有田焼深川製磁を堪能できる場所であり、チャイナオンザパークに寄りました。 ここは、深川製磁の作品が並ぶ忠次館、漆器蔵、カレーハウス究林登、敏子メモリアルガーデンからなりますが、 もう一つの建物トイレ&会議棟 […]
光圓寺

柿沼守利氏設計の光圓寺 他を圧倒するコンクリート建築

福岡天神を散歩中、出会ったコンクリートの塊 これは、光圓寺です。白井晟一の元で学んだお弟子さんの柿沼守利氏の設計 もう、外観を見ただけで、この設計者は只者ではないと解ります。 杉板を用いた本実加工の打ち放し。道路交差点の […]

白井晟一 親和銀行大波止支店 文化遺産としてのモダニズム建築

長崎市街地の大波止には建築家白井晟一の設計した親和銀行大波止支店があります。 佐世保の親和銀行本店の設計前1962年に完成。56年前の建物ですが今でもそn存在感が十分。時を超えた建築です。 長崎市内に走る市電停留所のすぐ […]

白井晟一 佐世保 親和銀行本店 石のファサード

佐世保の親和銀行本店第1期・第2期。設計は白井晟一。 親和銀行本店は、3期にわたり増築されていきました。全体計画がまずあって、それを順次建てたのでは無く、 その時その時での要求により、つぎはぎ状態で増築されていきました。 […]

圧倒的存在感のある塔の建築 白井晟一 親和銀行懐霄館(かいしょうかん)

長崎県の佐世保市。 昔から港町として栄え、今は佐世保米軍基地があるように日本海軍の重要な港でもあった街ですが、その中に特別な建築があります。 建築家白井晟一が設計した親和銀行本店。白井晟一が親和銀行の設計を始めたのは19 […]

白井晟一の原爆堂展  原爆と対峙し、未来に希望と平和の決意をもたらす建築

今月30日まで青山Gallery5610で開催中の白井晟一の「原爆堂」展を見てきました。 「原爆堂」は1954年からの計画で、広島・長崎に投下された原爆、第五福竜丸が被ばくしたアメリカの核実験から原爆や核の問題を問うた唯 […]